EXILEメンバーが登場するGREEのソーシャルゲーム『エグザムライ戦国』が大型アップデート

2011年12月13日

エグザムライ戦国委員会と株式会社タスケ(本社:東京都港区、代表取締役:上原みな子)と株式会社アルティメディア(本社:東京都八王子市、代表取締役 兼 CEO:笹野篤実)は「GREE」で展開中のソーシャルゲーム「エグザムライ戦国」の大型アップデートをいたしました。

アップデートの概要

・喧嘩Flashの高速化
・札デッキの拡張
・札覚醒機能の追加
・千社札交換所の登場
・友達招待特典の強化
・対戦限定エリア『闘舞台』の登場

アップデートの詳細

喧嘩FLASHがスピーディかつ、迫力のある演出に強化されました!
これにより今まで以上に盛り上る対人戦が展開されます。
今までの2枚から最大7枚までセット出来るようになりました。
喧嘩ではメインの2枚を使用し、闘舞台等の特殊イベントでは計7枚までサムライ札が使用出来ます。 これにより戦略性が大幅にアップすることとなりました。

また札がレベル100を超えると『覚醒可能』となり、覚醒することで成長限界値が上昇し、より強い札に成長させることが出来るようになりました!

千社札交換所が新たに登場し、これまでのイベントで獲得した千社札を強力な札に交換したり、サムライ札に必殺技を付与する等様々な特典と交換することが出来るようになりました!

招待メールを送るだけで、ガチャ券が貰えるようになりました!
さらに誘った友だちがエグザムライ戦国をプレイすることで、誘ったプレイヤーもパワーアップします。

今後の展開

一体のボスキャラをプレイヤー同士で協力して倒す『キングカグラ』イベントを開催予定です。
かなり骨太なイベントとなりますが、見事討伐することができれば超レアなカードが手に入ります!

ゲームの特徴

「エグザムライ戦国」はプレイヤーが、「エグザムライ」の仲間となり、宿敵カグラを倒すことが目的のカードバトルRPG。
宿敵『カグラ』を倒すために、エグザムライのメンバーからの任務を達成し、敵と戦いながら自分を鍛えあげ、真のサムライを目指します。
戦いにはカードシステムを採用し、200種類を超える「エグザムライ札」と呼ばれるカードを集めてコレクションする楽しみもあります。
また、他のプレイヤーたちとの交流要素も多数用意。
「喧嘩」を通じて「仲間」になったり、ヤサカの町に散らばっている宝を奪い合ったり、プレゼントしたりもできます。
更には「よろず屋」で和風の豪華アバターや武器なども買えるので、喧嘩よりもアバターで目立ちたい女性にも充分に楽しむことができるゲームです。

『エグザムライ戦国』とは

『エグザムライ戦国』とは、音楽ユニットEXILEをモデルとしたアニメ及び漫画作品です。
EXILEのリーダーであるHIROの企画・原案の元、キャラクター原案を人気漫画家高橋ヒロシが描き、日本テレビで『EXILE GENERATION』内でTVアニメ『エグザムライ戦国』を放映。
人気に火がつき、秋田書店月刊少年チャンピオンで漫画『エグザムライ戦国G』が好評連載中です。